お金について考える

仮想通貨や投資信託・株などを使ってうまいことお金を増やせるよう考えていきます。

2%還元で話題のKyashリアルカードを申し込んでみた件

個人間送金アプリのKyashが2%還元のリアルカードを開始したことで話題になっています。
少し前までLINE Payも2%還元だったのですが、改悪されてしまったのでここぞというタイミングでの投入ですね。

2%還元についてはもともとバーチャルカードでの仕様なので変化はないのですが、リアル店舗で使えるというのは影響が大きいのでしょうか。
(後述しますが2018年6月9日申込みで1ヶ月待ち)

Kyashについては知ってはいたものの、用途がなかったので利用していなかったのですが、話題になっていたので利用してみることにしました。

kyash.co

Kyashのアカウントを作成

Kyashリアルカードを使うためには、Kyashのアカウントを作る必要があります。
既に作成している人はすぐに申し込むことができます。

アカウント作成はスマホアプリから行います。

Kyash - ウォレットアプリ

Kyash - ウォレットアプリ

  • Kyash
  • ショッピング
  • 無料

 

play.google.com

作成したらKyash IDを控えておきます。
なおKyash IDは勝手に生成されますが、自分で変更することも可能です。

https://i.gyazo.com/62f78edaa80eb0766fdb070505584d67.png

 

リアルカード申込み

campaign-i.kyash.co

上記ページの「今すぐ申し込む」から行います。

https://i.gyazo.com/3c1c7965314dea0b9dd4e90d29d21e0f.png

申し込むページの途中で「Kyash ID」入力欄がありますので、先ほど確認したIDを入力します。

申込みが完了すると、案内メールが届きます。

https://i.gyazo.com/d47014c62b715155500d5069edc135fd.png

ちなみに2018年6月9日に申し込んだところ、1ヶ月ほどかかるようです・・・
まぁ気長に待つことにしましょう。

試してみたいこと

個人間送金を使うことはなさそうなので、やはりクレカチャージによるポイント2重取りですね。

特にモバイルsuicaへのチャージで2重取りできる点は要チェックです。
(ただし6000円以上のチャージのみ)

https://i.gyazo.com/b784add96bb9297b3e2cd2e9611cca55.png

ちなみにクレカチャージは「Visa」と「マスターカード」のみで、「JCB」に対応していないためリクルートカードプラスは使えませんでした(残念・・・)。
なので楽天カードでチャージしてみようと思います。

この2%還元もいつまで続くかわからないので、使える内に有効利用していきたいですね。

このような施策でユーザー数が増えていけば、個人間送金も盛んになっていきそうですね。

ウェルスナビを始める前につみたてNISAがおすすめな件

最近CMも始まり、ロボアドバイザーで最も有名なウェルスナビですが、これで投資を始めるならばその前につみたてNISAをしたほうがいいですよというお話です。

もちろん既につみたてNISAを行っているならば、ポートフォリオの一部としてウェルスナビを始めるのは有りだと思います。

なぜウェルスナビよりつみたてNISAなのか

完結に言うと「手数料」「利回り」「税金」の3つです。

今回はつみたてNISAで人気の「ひふみプラス」と「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」の2つと比較してみます。

ウェルスナビ(円建) eMAXIS ひふみプラス
手数料 1% 0.11826%以内 1.0584%
利回り(直近6ヶ月) -1.58% +2.74% +6.82%
税金 20.315% 非課税 非課税

※つみたてNISAの税金が非課税になるのは、年間40万までの運用益。

ここ半年は為替の影響もあり、円建でのウェルスナビの成績はいまいちですね。
こうして見ると直近では「ひふみプラス」を選ぶのが無難だったといえます。
 
https://i.gyazo.com/dee4dde5c5e573ed31e39cc671d5d4f4.png

https://i.gyazo.com/bbbeaea5bb5b7931e99a0aea44b5e654.png

https://i.gyazo.com/7e243f9d27554022044215ec4925acc3.png

まず最初はつみたてNISA、その後他の投資にチャレンジ

最初はやはり1番利益を享受できるつみたてNISAで始めるのがおすすめです。
選べる投資信託はたくさんありますが、とりあえず上記で上げた2つを選んでおけば今のところ間違いはなさそうです。

ウェルスナビについてはつみたてNISAの上限以上(年間40万以上)の投資を行いたい場合に利用するのがおすすめです。
直近半年のパフォーマンスは微妙でしたが、長期では今のところプラスなので。

投資の基本は「分散」「長期」「積立」なので、いずれの場合も短期のパフォーマンスはあまり気にする必要はありません。

つみたてNISAでおすすめの証券会社

証券会社については無難に「SBI証券」か「楽天証券」を選んでおけばいいでしょう。
いずれの証券会社でも「ひふみプラス」と「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」が選択可能です。
「SBI証券」については「ウェルスナビ」も簡単に使えるためおすすめです。

www.rakuten-sec.co.jp

SBIVCの口座開設完了したけれど今のところ使う気にならない件

f:id:mizuka_123:20180602234344j:image

口座開設先行予約登録が2017年10月5日、優先口座開設申込みが2017年12月29日、そして口座開設完了が2018年6月2日と、ものすごく時間のかかったSBIVC(バーチャルカレンシーズ)の口座開設ですがフタを開けてみれば今のところ「ちょっと使う気にはならないなぁ」という内容でした。

なお、あくまで現時点(2018年6月2日)でHPに公開されている内容によるものです。

www.sbivc.co.jp

取引所ではなく販売所

以下の「サービス概要」に「当社とお客様の相対取引」とあります。

サービス概要|SBIバーチャル・カレンシーズ

https://i.gyazo.com/8f6ad04f70447a5dae4e5fdbf8869fc2.png

つまり顧客同士の板取引ではなく、販売所ということです。
販売所ですと「スプレッド(手数料)」が発生するため、単純に損です。

仮想通貨の入出金不可

以下の「入金・出金」に「※仮想通貨の入金・出金はお受けしておりません。」とあります。

入金・出金|SBIバーチャル・カレンシーズ

https://i.gyazo.com/da0411325e6cdf9a3fe74deeb3e65317.png

仮想通貨取引所なのに、仮想通貨の入出金ができないとはこれいかに・・・
これは仮想通貨を売買しているというのだろうか・・・

取扱がXRPのみ

まさかXRPのみでサービススタートってことはないですよね・・・

https://i.gyazo.com/a06f88540685f020df31832c0c7c2682.png

現時点ではまだ判断できないけれど、bitbankで事足りるのでは・・・

リップルを買うなら板取引できるbitbankでいいんじゃないか、というのが現時点での感想です。

bitbankはセキュリティも高くとても信頼しています。

 

とは言ってもさすがにこの状態でリリースするとは思ってないので、どこまで「使える」レベルでリリースされるのか、今後の展開に注目していきたいと思っています。
中途半端のものではなく、是非ともユーザー本意なサービスにして頂ければと思います。

TradingViewの有料プランはお試ししてからの契約がお得

仮想通貨のトレードを始めてから使い始めた「TradingView」というサイトがあります。

jp.tradingview.com

TradingViewとは

仮想通貨だけでなく、株や為替などあらゆるチャートを取り扱っているソーシャルネットワークです。

最近有料Noteを買って得たインジケータを使うために、有料プランをお試しで使い始めました。
一応無料でも使うことができるのですが、無料だと同時に使えるインジケータが3個までとなっています。

https://i.gyazo.com/e9f5fe1ee5f86ec9ba33a47ac2b2946e.png

「チャート毎のインジケータ表示」の項目がそれに当たります。
最初はひとまずPROを使っていたのですが、やはり5個でも少ないと感じました。

値段が倍なので悩みましたが、とりあえずお試し期間ということでPRO+にしてみたら、それはそれは快適なのでしたw

インジケータは10個まで表示できますし、レイアウト毎のチャート数が4個というのも大変便利です。

https://i.gyazo.com/3397f48fe4a619395d72eea8da0f8ab6.png

画面を縦にして、4つの時間を同時表示してます。
最近リリースされたiPad版も縦で使いやすいので、手軽に見るのにもぴったりでした。

通常29.95ドル/月が14.95ドル/月に

https://i.gyazo.com/11fd11737d9e364e2ed37738ede28fac.png

お試しを行うとしばらくして割引価格で契約を行うことができるようになります。(ちなみ最初は40%と表示されます)
ぱっと見50%引きと書いてありますが、元々割高な毎月支払いの金額からとなるので割安な2年支払いと比べると5ドル引き/月となります。

それでも年間60ドルも安くなるので、お買い得と言えますね。

ちなみに現在のレートだと日本円で20649円でした。

https://i.gyazo.com/332ab2b977b13f13cb1cc20060f725b6.png

支払いが完了すると有効期限と次の支払い額が表示されます。
通常料金は高いですねぇ・・・

https://i.gyazo.com/9a4e97982fee14d0bdb2142e293202bb.png

 とりあえずお試しで使ってみることが大事

契約するにしても結構な金額ですので、1ヶ月無料で使ってみることをおすすめします。
個人的におすすめプランはPRO+です。
是非とも4分割画面を利用してもらいたいと思います。

【レビュー】iOS版 bitFlyer Lightning(先行限定公開)

 

アプリ版 bitFlyer Lightning の先行限定公開 に運良く当選したので、レビューしていきます。

ホーム画面

https://i.gyazo.com/7da0e3613deb280264bb0b6a6fa8c83b.png

ホーム画面に「Lightning」の項目が追加され、現物とFXの価格が表示されるようになります。

bitFlyer Lightning

https://i.gyazo.com/85e0bb8b54a71de1636a8370189544dd.png

一覧性がとてもよくなっています。
旧verは拡大されてしまったりしていましたが、 スマホに最適化されているためストレスなく操作が可能です。

それぞれ各要素がタップすることで拡大してみることができるようになっています。

右上はサーバの状態でしょうか。

チャート

https://i.gyazo.com/67411c6cc1fe20419c3f1b66f394de84.png

チャートは「1分」「5分」「30分」「1時間」「4時間」「1日」で見ることが可能になてちます。
残念ながらインジケータは追加できず、くろまチャートでもありません。
この辺は今後に期待したいところですね。

全約定履歴

https://i.gyazo.com/7108fee8e313c4b501e505d9f5720fb4.png

注文、建玉、履歴

https://i.gyazo.com/4857307e3d61c7f91de8cef14813f7ef.png

口座情報

https://i.gyazo.com/9255f8aeabf9d9b3b226a6a18b3d9172.png

損益履歴

https://i.gyazo.com/79e2676961cb8d6d83ff9d7350ee5491.png

ここは旧verと変わっていないですね。

注文

https://i.gyazo.com/e4436a1c51bce076806f2bfbe16b75df.png

注文画面へはトップ画面の下部からアクセス可能となっています。

https://i.gyazo.com/f91a5858996f95904154836d522dcd09.png

数量はタップする毎に「0.1」「0.5」「1.0」と、価格は「現在価格」「+1000」「-1000」と変更可能です。
左右の「売り」「買い」をタップすると「確定」画面が開きます。

https://i.gyazo.com/9ed0c463ca36c8f4d03578e11842351d.png

もっと細かく注文を行いたい場合は「中央」をタップすると詳細画面が開きます。

https://i.gyazo.com/95ee3d0955bb3c39bf9fde8f2c3a05ce.png

指値であれば「数量」と「価格」を、「成行」であれば「数量」を変更して注文が可能となっています。
右側の「+1」や「+0.1」は連打することで数量を簡単に増やすことができます。
また「価格」の場合は「+1000」「-1000」が表示されます。
「売り」「買い」をタップすると上記の「確定画面」に遷移します。

まとめ

アプリの出来としてはとてもいいものだと感じました。
現状だと他社と比べて一歩抜き出た感がありますね。
あとはiPad版の登場を待ってます。

他の点はSFDとサーバをなんとかしていただければ文句ないのですが、どうなんでしょう・・・
今後とも期待していますので是非とも頑張っていただきたいと思います。

それにしても改めて調べたら当選人数は100名なんですね。
運使い果たした感ありますw

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で